30代、インプラントと総入れ歯どちらがよいでしょうか?

30代後半ですが重度の歯周病で、左上4本、下の前歯の歯しか残っていません。

残っている歯もグラグラで接着剤のようなもので固定してあります。

現在、金属の金具がついた部分入れ歯を使っています。なんとかならないものかと、何件かの歯科医院で診てもらいました。

1件目では、残っている上下の歯を全部抜歯し、入れ歯のインプラントにするしかないとの診断。

2件目では、上はインプラント4本で入れ歯を固定、下はインプラントを6本入れて、ブリッジが良いのではないかと提案されましたが、どちらにしてもかなりの金額になってしまいます。

とても話しづらく食事もとても食べづらいです。仕事にも影響が出てしまっています。(営業の仕事です。)マスクが手放せなくて人前で笑う事もできません。毎日がとても苦痛です。総入れ歯か、インプラントか自分でもどのように決断してよいのかわからなくなってしまっています。

どちらがよいのでしょうか?

Aインプラントも入れ歯も口元の健康を取り戻す治療方法の一つであり、どちらが良いかは人それぞれだと思います。

骨の量、全身疾患の有無、年齢などを考えて、将来的にどのような方法がご自分に合っているのか、主治医の先生とよく話し合う必要があります。

特に重度の歯周病がある場合、骨の厚みが足りない場合もあり、骨を作ることから始まるため、最終的な完成まで時間がかかることもあります。

また、総入れ歯も同様に抜歯をした際には、傷口が治るまで仮の歯で待つ必要もあります。

ご自分の生活のリズム、環境によって、インプラントにするのか総入れ歯にするのかを相談することをお勧めしたいと思います。

「インプラントで治療したかったけれど、入れ歯しか方法がなかった。」

という結果になったとしても、悲観的になることはないと思います。前述させていただいた通り、インプラントも入れ歯もあなたの口元の健康を取り戻す方法であり、そこに優劣はありません。

鏡で見るご自分の笑顔が美しい、美味しく食事を召し上がることができ、家族や友人、パートナーと楽しい時間を過ごすことができれば、それがあなたにとって最善の方法ではないでしょうか。

笑顔になれる総入れ歯

昨今、入れ歯の技術は進化しております。
当院で取り入れております、ドイツで開発されたシュトラックデンチャーという入れ歯は、口の中のデンチャースペース、もともと歯があった時の口の中の状態を再現できるような方法で、口元を内側から膨らますことができ、患者さまにお似合いの口元を作ることができる方法です。

従来の総入れ歯は上下別々に型取りを行っているため、「先生の手加減」により、口の中のスペースが小さく取れてしまう場合が多くありました。しかし、上下を一緒に型取りを、患者さま自身に行っていただくことで、口の中の情報を丸ごとコピーすることができ、本来の状態をより忠実に再現することができます。

口元を自由に作ることができる総入れ歯。

歯を失うと、骨が吸収して、口元がへこみ、老けて見られることがあります。

総入れ歯は、口元の内側からボリュームをだすことができるため、ほうれい線を目立たなくすることができます。また、かみ合わせを整えることで口の周りの筋肉がしっかりと使われるため、バランスの良い、美しい口元を取り戻しやすい特徴があります。

口元は、食事をすることだけではなく、コミュニケーションにおいて非常に大切だということは、言うまでもありません。入れ歯であることを忘れてしまう事、それが私たちも患者さまにおいても治療のゴールだと考えております。

当院で治療をさせていただいた、30代女性の総入れ歯

患者様は、とても素敵な笑顔を取り戻すことができました。

当院では、入れ歯になってしまったというネガティブな気持ちよりも、笑顔を取り戻し、美味しく食事ができることの幸せの方がずっと勝る、と考えております。

治療内容

上あご、下あご総入れ歯(ドイツ式入れ歯シュトラックデンチャー)
抜歯、即時義歯など含む

治療期間・回数

6ヶ月・10回

費用

上あご、下あご総入れ歯¥3,000,000(税別)
(自由診療)

リスク・副作用

年月の経過により骨が吸収する場合もあります。

稲葉歯科医院YouTubeチャンネルでは、若い方の総入れ歯治療についてお話をさせていただいております。

総入れ歯は、比較的早くお悩みを解決できるという点であり、前向きに過ごしていただける治療だと思います。

総入れ歯に対して、ネガティブなイメージをお持ちの方に観ていただきたいです。

不安な気持ちがなくなくなれば良いなと思います。

女性は美しく、男性はたくましい雰囲気を出せると思います!

筆者プロフィール

稲葉歯科医院 院長 稲葉由里子
稲葉歯科医院 院長
稲葉由里子
所属・資格
  • 医療法人社団秀峰会 理事長
  • IPSG包括歯科医療研究会 総務理事
  • Weber dental labor 代表
  • EPA ヨーロッパ補綴歯科学会 会員
  • ISOI国際インプラント学会 会員
  • 日本顎咬合学会 認定医
  • IPSG包括歯科医療研究会、テレスコープ義歯を含む全コース修了
患者さまへのメッセージ

入れ歯専門、女性歯科医師として沢山の方々の入れ歯治療に携わってまいりました。
これまでの経験を生かして、患者さまからいただいたご質問やお悩みにブログを通してお伝えしていきたいと思います。

口元は、人格やパーソナリティーまで変えてしまうほど大切な要素です。
笑顔は、あなただけではなく周りの方も幸せにする大きな力があります。

お一人で悩まず、まずはご提案をさせていただくことができればと思います。

さまざまなご質問にもお答えしておりますので、どうぞ遠慮なくご連絡いただきたいと思います。

ご相談はこちら

プライベートブログはこちら

入れ歯カウンセリングのご案内

稲葉 由里子 先生

入れ歯でお悩みの方、またインプラントと迷っている方、
お一人で悩まず、まずはカウンセリングにいらっしゃいませんか?
患者様の状態に合わせてご相談をさせていただきます。

当院では、ドイツで開発されたテレスコープ義歯を専門としており、若い方を中心に幅広く治療をさせていただいております。
歯の悩みが消え、笑顔で過ごすことができれば、人生の楽しみが何倍も増え、人とのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

メール、LINEでの入れ歯無料相談も承っておりますので、
どうぞお気軽にご連絡ください。

電話でのご相談
03-3251-8660
メールでのご相談
入れ歯カウンセリング
医療法人社団 秀峰会 稲葉歯科医院について
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル6F
銀座線「末広町駅」1番出口より 徒歩0分/JR「秋葉原駅」より徒歩7分
診療時間
10:00~12:30
14:00~17:00
休診日:土曜・日曜・祝日